突然の宣告。それでも踏ん張れる方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

15acc3901a1a98cc6872b6dda04f641c_s

おはようございます。シバタニです。

「俺は独りだったらやんないよ。死んだほうがマシだ!」

わたしの弟のことばです。

弟は2年前に会社の健康診断で不整脈が見つかり、

精密検査の結果、心臓の弁に異常が見つかりました。

「なんで俺が・・・ウソだろ」

弟は身長182センチのスポーツマンです。

小中学生の時はバスケットボール、高校はハンドボールで活躍し、

まったく柄じゃない押忍系の大学に、学費免除のスポーツ特待で入学。

先輩の壮絶な洗礼を受けて挫折。

周りからの説得で、なんとか大学は卒業しました。

当時は、上場企業でも、大卒なら、希望すればだれでも入社できるような世の中で、

なんとなく(姉の目から見れば)入社した会社で働き続けています。

弟は、社会人になってからもバスケ、野球、ゴルフと

仲間とスポーツを続けてきました。

なので突然の、心臓弁膜症という診断は、

とうてい受け入れがたいものだったのです。

(スポーツマンに起きやすい病気らしいのですが。。)

 

弟は、大勢いる従兄弟たちが次々に結婚するのをよそに、

長いこと独身でした。

「独身はおまえだけだ。まだ結婚しないのか?」

親戚が集まると、視線はきまって弟に向けられます。

弟は迷惑がって、ひねくれてもいましたので、

母やわたしはずいぶん心配しました。

 

そしてついに。。

父が他界して10年後、

弟は39才のときに、一回り年下のお嫁さんをもらうことができ。。

おかげさまで、娘を2人授かりました。

弟は家事、育児、なんでも率先してやるお父さんになりました。

いま、上の子は小学校に入学したばかりで、下の子はまだ2才。

 

「俺は独りだったらやんないよ。死んだほうがマシだ!」

と言いながら。。

弟は家族のために、大手術を受け入れました。

術後3ヶ月以上、会社を休み、

そろそろ仕事復帰できる状態まで回復してきたようです。

弟の嫁は泣き言ひとつ言わず、

幼い娘たちと一緒に、弟を支え続けてくれています。

嫁にはほんとうに感謝しています。

 

。。。。。

 

病気に限らず、

突然の宣告を受ける可能性はだれにでもあります。

わたしにも、あなたにも。

それは明日かも。。

 

自分のためだけにやってることって、

大して踏ん張れないんです。

大きな壁が立ちはだかったら、

さっさとやめるんじゃないかと思います。

弟も、独身だったら心臓手術を頑として受け入れなかったかも。。

なぜって?

ひねくれていたから。

 

今の世の中、なにが起きてもおかしくありません。

そのとき、踏ん張れるあなたになってください!

 

 

……………………….

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

 

2016-03-16 9.19.58

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は一人では生きられません。