今日は関西の会員さんのお見合いなので。。

スクリーンショット 2016-03-17 17.10.02.png

今日は関西の会員さんのお見合いの日です。

 

わたしも、お相手の仲人さんも立ち会えない、

本人同士のお見合いなんです。

 

なので、ちょっと心配になり、

浅草の待父山聖天(まつちやましょうてん)にお参りにきました。

 

 

よいご縁になりますように!

この先、あなたを支える人はだれですか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらから無料相談頂くか、
メールでお問い合わせください。

390a26aa9c3dde177dcaf409fb5cfe7b_s

おはようございます。シバタニです。

「結婚しなけりゃ子どもはできない」

このあたりまえのことを強く意識したできごとがあります。

 

それは。。

東京都墨田区押上にはいくつか子供会があります。

なかでも、わたしが住んでいる地区の子供会は、

ウチの子が小学生だった約10年前をピークに

年々子どもの数が減って、

とうとう1世帯だけになってしまいました。

1世帯では「会長」「副会長」「会計」、

おまけに小学校の役員を兼務できません。

結果、休会に追い込まれました。

 

街の活気は子どもがいることで生まれます。

昔は隣近所から子どもの声がうるさいくらい聞こえてました。

うるさいのを我慢するくらいでちょうどいいんです。

子どもはいつまでも赤ちゃんではいられません。

あっというまに育って、小中高大学生。。

そして大人になって次の世代を育てるんです。

 

子どもの人口が減り続けているということは。。

将来、わたしたちの孫の結婚相手が見つかるのか

危惧する事態にならないとも限りません、よね。

 

 

ウチの近所には年配の独身者がたくさん住んでいます。

その方たちの生き方を否定するわけではありません。

ただ単純に、

結婚したいという気持ちのある人のお世話をすることが、

最終的に、子どもを増やすことにつながっていくと思いました。

で、結婚相談所をはじめたんです。

 

こうやって毎日ブログを書いていると、

さまざまな立場の方から、結婚についてのご感想やお悩み相談が寄せられます。

たとえば、こんな感想です。

 

【結婚している方から】

「でもやっぱり夫婦は釣り合いが取れてますよ。相手は自分の鏡ですねっ(’-’*)♪うちは性格全くちがうけど…価値観は同じです(’-’*)♪」

 

「ホント結婚は、家同士が、絡んできます!私が思うのは、結婚は、タイミング!!なんじゃないかとおもいます!」

 

「動物大好き、という前提で今の彼と数年付き合って結婚しました´ω`*結婚後、新居には私の飼い猫を迎えたのですが……旦那くんは猫に触ろうとしないんです。むしろ、すこしでも触れたら「汚い」と言って手を洗いにいきます

結局、動物はすべて嫌いのようで、最近白状しました。バレバレで今更感が…(笑)。。(中略)私が好きだからという理由だけで梟のイベントや鳥の動物園など見つけては連れて行ってくれるので、幸せいっぱいです。。」

 

【離婚経験のある方から】

「親と仲良くできないと無理ですよねー。わかります!もとの旦那のお母さんに関西の嫁が欲しかったなんて言われた日にゃ、こりゃダメだと思いましたね。若かったしなんとかなるなんて思ってたけど。親にも年は上だし考えなさいと言われたのを思い出しましたねー」

 

独身の方からもいろいろとお悩みが寄せられています。

 

 

読者からのメッセージを読みながら、あらためて考えるのは、

「なんのために結婚するのか」という根っこの部分です。

 

わたしが考える「結婚する意味」は3つあります。

 

1)代々つながってきた血縁を、後の世代につなぐためにするもの。

とくに男性は、家系図を自分で終わらせないと意識することが必要です。

これは親がしっかり子どもに教え育てていかなければ、

子どもが大人になったときに、おいそれと気づくものではないと思います。

 

2)この先残された人生を「安心」して暮らすためにするもの。

親はいつまでも独身の子の保護者ではいられないのです。

近い将来の親の介護を視野に入れて、

支え合って一緒に生きてくれる人と結婚すれば、

「そのとき」あなたは仕事を辞めなくても大丈夫。

 

3)家族になった人は、あなたを信じ、守り、支えます。

なにが起こるかわからない世の中です。

でも結婚して家族をもてば、

なにがあっても、あなたの家族だけはあなたを裏切りません。

「ウチはちがう」というツッコミはいりません。

今現在、結婚している人たちは、妻(夫)が自分を裏切ると思っていないはず。

そういう話です。

子どもができれば、子どもが育ったときに、あなたを支えてくれるようになります。

 

 

どんなことでも、その立場にならないとわからないんです。

独身の立場で「結婚生活」を論じることはできません。

わたしが独身者から寄せられるお悩みをここにのせられないのは、

お悩みの中身が、想像と妄想、頭のなかで考えていることばかりだからです。

 

反面、既婚者、離婚経験者の、実体験からの言葉には説得力があります。

 

あなたが「安心」「安全」と「幸せ」を手に入れるために。。

「ムリだよ」という言い訳だらけの孤独な世界からはやく抜け出して、

「結婚」に向けて1歩前に足を踏み出してほしいと思います。

 

……………………

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

2016-03-16 9.19.58

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032