女性がリードするほうがうまくいく!

1年以内に結婚したいと考えている東京都在住の方は、

今すぐこちらから無料相談頂くか、
メールでお問い合わせください。

女性がリード

 

おはようございます、シバタニです。

今日は「女性がリードしたほうがうまくいく!」という

お話をしたいと思います。

 

わたしのような仲人が間に入ってお見合いをし、

結婚を前提とした交際になると、

3〜6ヶ月で婚約するかどうか、決めなければいけません。

 

思った以上に、あっという間ですよ!

二人のうちどちらかが恋愛経験が多少なりともある、

もしくは婚歴があれば、

3ヶ月を目処に急速に交際を深めていくことができますが、

そうでない場合、うまくいかないことが多いんです。

 

 

多くの女性は、男性のリードにまかせようとする傾向があります。

夫にするなら、頼り甲斐のある男性がいいと思うんでしょうね。

ところが、肝心の男性は不器用です。

おつきあいの経験がないので、どうしたらいいかわからないんです。

 

女性からよく聞くお悩みは。。

 

Q:「仲人立会いなしのお見合いのときに、男性が女性を見つけるルールなのに、彼はわたしと目があっても声をかけてくれなかったんです。」

わたし:「確かに、男性が女性を見つけて声をかけるルールではありますが、ほんとうに彼女なのか確信が持てないことがあるし、女性に声をかけることが苦手な人もいると思います。あなたが見つけたなら、あなたから声をかけるやさしさも必要では?」

 

Q:「彼はデートスポットも知らない。」

わたし「仕事が忙しくて遊ぶ暇がない人なんじゃないかしら。あなたが行きたいところに連れて行って、と言えば、彼も助かると思います」

 

Q:「お見合いの後2〜3回会ったけど、彼からつきあってくださいって言われないんです」

わたし:「2〜3回デートしているので、お断りしないかぎり、事実上つきあっていることになっています」

 

Q:「交際の進展が速く、わたしは彼以外の男性からお見合いの申し込みがきても、まったく興味がなくなったので、彼と結婚したいです。でも、彼は慎重で、迷っているようです。」

。。。

 

こんな場合、男性に頼り甲斐とか、頼もしさを要求するとか、

男性からのメールや電話を待つとか。。

女性のほうが待ちの姿勢でいると、

うまくいくものもうまくいかなくなるので、

割り切って、女性がドンドンリードすればいいんです!

 

女性のあなたから、お相手の勤務状況を把握した上で、

気づかいのメールを送る。

 

デートの場所は、ロマンチックな気分になれるところ、

または、サプライズの仕掛けがあって

「キャッ、こわ〜い!」と

ついついお相手の腕にしがみついてしまうアトラクションなど。。

そこに行こうと、あえて、あなたが指定する。

 

つまり、「手つなぎ」のきっかけを与えてあげるわけです。

 

休みごとにデートしているなら、

「仕事帰りに待ち合わせて、一緒にごはんを食べましょう」

と誘って、会う頻度を多くする。。などなど。

 

こうやって、お相手の立場や状況を思いやりながら、

時には腹をくくって、そして時には忍耐強く、

二人の間の距離を詰めていくのです。

 

最大の難関はプロポーズです。

 

男性は悩みます。

なんで悩むのかわからないぐらい悩みます。

そんな時も、あなたからハッキリ言ってあげてください。

「あなたにふさわしい人は、わたし以外にいないのよ!」

これでめでたしめでたし。。

……………………………..

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

仲人募集バナー1