おおっぴらに「婚活宣言」しよう!

 

 

1年以内に結婚したいと考えている東京都在住の方は、

今すぐこちらから無料相談頂くか、
メールでお問い合わせください。

 

おはようございます。シバタニです。

今日は40代前半のA子さんのお話です。

A子さんは30代半ばの時に、

おっかなびっくり(だと思う)

婚活サイトで密かに(だと思う)

婚活をしていましたが、

ちょうどその頃、「木嶋佳苗の婚活殺人事件」があり、

怖くなって婚活をやめてしまったそうです。

そして、わたしのところに相談に来られました。

 

アラフォー女性の婚活はむずかしい!

 

わたしはA子さんに、勝負服を買うことを提案しました。

プロフィール写真の撮影と、

お見合いのときに毎回来てきてもらう服です。

「婚活の制服」です。

A子さんは嬉々として応じ、

婚活の進め方でも迷うことなく、

わたしのアドバイスを聞いてくれています。

ふつう、40代、いわゆるアラフォーの女性のお見合いは

組みにくいというのが、

わたしたち仲人の定説です。

A子さんも、お見合い申し込みを何十件しても

お返事が一向になく、

逆に、申し込みを受ける男性は気に入らず。。

最初のテンションは、ここで一気にさがったと思います。

でも明るく素直で、柔軟な思考の持ち主なので、

誠意を持ってコツコツ申し込みを続け、

ついに、ある男性Bさんと交際に至りました!

ここからが本番です。。

 

人は変われる

 

日頃から女性らしい格好を避けていたというA子さんは、

今まで憧れていて手が出せなかった色の服を

ついに買いました!

初対面では、地味でまじめなアラフォーの印象でしたが、

どんどんかわいく魅力的にかわってきました。。

こんなA子さんに周囲の人が

気づかないわけはありません。

友だちにプロフィール写真を見せてほめられ、

A子さんはとうとう「婚活宣言」をしたそうです!

 

「婚活宣言」をしたら。。

 

A子さんは、お友だちから男性を紹介されたそうです!

A子さんは結婚を決意して、

いままでやったことがないことに

果敢にチャレンジして、

どんどん周囲に男性を引き寄せています。

まずは、わたしのところに相談に来た。

憧れていた服を買った!

選り好みせずにお見合いをした(現在進行中)。

とりあえず交際に入った。

お友だちから男性を紹介された。。

という具合です。

 

結婚相談所に頼りすぎないこと

 

結婚相談所によって

婚活の考え方、やり方は雲泥の差があると思います。

わたしの場合、

「婚活のチャンネルを多く持て!」

がモットーです。

 

これまで大手の結婚情報サービスなどで、

長期間活動したのに結婚できなかった人は、

「婚活疲れ」をしてますので、

わたしと短期戦に取り組んでもらいます。

それ以外の、比較的元気な人たちは、

わたしと一緒に活動するだけでなく、

友人知人、親兄弟親戚に

「婚活してます!」とお知らせして、

あなたに会わせたい人がいるか、

それぞれに考えてもらうのです。

周囲の人は、

いい加減の年になった独身者を「腫れ物扱い」します。

なので、「腫れ物」自ら「結婚することに決めた!」

と言ったら、

周囲の人も喜んで、だれか紹介してくれるかもしれませんね。

 

「そんなことしたら、シバタニさんは成婚料をもらえないでしょう」

いいんです!

成婚料は、プロポーズのあとからついてくるものです。

わたしを頼ってきてくれる人たちは、

たいてい結婚させるのがむずかしいので、

そのむずかしいことを、自分の行動で達成してくれたら、

これほど、うれしいことはありません!

わたしが成婚料をいただかないということは、

成婚料はあなたへのお祝い金だということです。

ビクビクせず、

おおっぴらに「婚活宣言」しちゃってください!

……………………………

今日もあなたは最高です!
はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。TEL 03-3625-0032

副業 仲人募集