【動画】お見合いから交際に進める、カンタンな方法

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

【動画】なぜ「道案内」の動画を撮るのか?

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

言っちゃいけない仲人のボヤキ。。

 

おはようございます。シバタニです。

今日は、お見合いの組み合わせは

相手の仲人さんとの調整がうまくいけばいいのですが、

そうでない場合があることについてのお話です。

 

仲人間にはルールがある

 

わたしのような「仲人」とは、

主として一人で結婚相談所を立ち上げて、

結婚を希望する独身の方のお世話をする人のことです。

 

わたしとお見合いの組み合わせができる仲人は

全国に1200人超いまして、

仲人間で不公平が起きないように考え抜かれた厳格なルールを

お互いに守って組み合わせをしています。

例えば、会員からいただく料金には上限があります。

入会時費用は5万円以下、

月会費は1万円以下、

成婚料は30万円以下です。

この範囲内なら自由に料金の設定ができますが、

上限を守らないと加盟契約を強制解除されます。

また、

仲人同士で、個人的なおつきあいをすることはご法度なので、

個人的な接触はお見合いの組み合わせの時だけになります。

 

ボヤキ。。

 

なにを言いたいのかというと、

お見合いの組み合わせがやりやすい仲人と

やりにくい仲人がいるということです。

わたしたちはシステムを利用して、

主にメールでやり取りをしますが、

いわゆる「報・連・相(ほうれんそう)」

が適時にできる人が少ないので、

時々イラっとすることがあります。

*「報・連・相(ほうれんそう)」=報告・連絡・相談のこと。

仲人にはいろいろなタイプの人がおり、

なにしろベテランの人、

気配りとすばやい連絡ができる専業の仲人、

会社勤めの傍ら副業で仲人をやっている人、

主婦の延長でほとんどボランティア感覚の人など。。

 

実際のお見合いの組み合わせになると、

近隣の人とお見合いを希望する会員さんが多いので、

関わることが多い仲人はだいたい決まってきます。

そこでボヤきたいのは、

「報・連・相(ほうれんそう)」です。

お見合いが成立したら、

会員さん同士は「早く会いたい!」と思うはずです。

なので、わたしたちはすぐに会員さんの都合を確認して、

お見合いの場所と時間を

できるだけ早く決めてあげなければいけないのです。

この連絡が遅い!!

相手仲人の心象を考えると、

どうなっているのか急速にせっつくこともできず、

ひたすら、わたしの会員さんに返事待ちを強いなければいけません。

とはいうものの、限度があります!

こちらから第1〜第3まで提示した

お見合い希望日が過ぎても返事をよこさない仲人がいるので、

(信じられませんが、ホントの話です!)

いよいよそこまで我慢したら、

メール→LINE(公開している仲人だけ)→電話

で連絡を取ります。

すると、

「ウチの会員のシフトが決まらなくて。。」

「ウチの会員からなかなか連絡がこなくて。。」

「気づいた時に、第一希望日は過ぎてたからスルーしました。。」

どう思います?

わたしの脚色じゃなく、実際に言われたことですよ。。

「それならそれで、はやく言えよ!!」

(ことばが荒くなりました。。失礼!)

 

仲人は会員さんを最優先せよ!

 

「シバタニさんって暇なんですね。」

「相手の仲人さんは忙しいんですよ」

と思いますか?

そうじゃないと思います。

だいたいわたしが暇なわけがない、でしょう。。

そもそも、わたしからプレッシャーを受けて

会員さんのせいにすることがまちがっています。

「スルーした」なんて。。。言語道断です!

仲人の使命は、

会員さんの「結婚したい」という願いを

はやくイイ感じで決めてあげることです!

自分のことを優先して、

会員さんのことを後回しにするようなことは

あってはならないと思います。

だって、会員さんのお見合いの組み合わせは

1年に365日あるわけではないんですから。。

定休日には連絡が取れない仲人もいますが。。

それをしかたないとは思えないのです。

もしも。。

「あなたは今日が一番若い」とか、

独身者の不安をあおる広告や、ブログを書いているなら

なおさら、会員の一日一日を

死ぬ気で大事にしてほしいと思います。

……………………………………

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

副業 仲人募集