こんな女子はイタい!2つのパターン

 

おはようございます。シバタニです。

毎日毎日、たくさんのお見合い写真を見ていて思うことは、

「最近のアラフォー女性(37〜43才)は、ほんとうにキレイ」

ということです。

リストの写真だけを流し見すると、目に止まる写真が続々でてきます。

逆に、男性のリストを流し見すると、写真はいつまでもスクロール中です。。(おいっ!)

男性に口を酸っぱくして「写真に手間暇惜しまないこと」と言っている意味はここにあります!

ただ、女性はいくら写真が美人でも、男性から年令で弾かれてしまいます。

わたしがお世話している男性会員に、システムから女性を推薦したあとの返事。

「シバタニさんおすすめの40才の人ですが、ちょっとパスですね。。」

すべてのプロフィールは、長い番号で識別しているので、その人を特定するときは年令を言った方が早いんですね。

「ああ、あの40才の人ですね。。」

といった具合です。

「この女子、せめてあと3年はやく結婚相談にきていたら、バンバンお見合いを組めたのに、もったいない。。。」

残念な女子が大量にいます。

美しいアラフォーの婚活女子は、

「自分はイケてるから、高年収の同年令か年下の男性から余裕で選ばれる」

と思い込んでいて、相手選びにこだわり過ぎる傾向があります。

ストライクゾーンを絞り込み、気に入らないプロフィールの男性には見向きもしないので、

結果、自分で悩みを作り出してしまいます。

お見合いを何件申し込んでも、全部無視されることもあります。

望んでもお見合いが成立しない場合、絞り込み検索をやめないと、

ホント、お見合い結婚はムリです!

相手に多くを望み、欠点をあげつらって、

「生理的にムリ!」とか。

ないものねだりをしないことです。

*  *  *

お見合い結婚を望んでいるのに、すばらしい経歴をアピールする女子もイタイです。

例えば、男性のプロフィールに「医者」「弁護士」「超高学歴」「有名企業の会社員」などが書いてあれば有利な条件になりますが、

女性のプロフィールに同じ条件が書いてあったら、言葉は悪いですが、途端に不良物件になります。

自分磨きを怠らず、まじめに人一倍努力して獲得した勲章が評価されないって、おかしいですよね。

そうはいっても、過去は変わりませんし、理想の男性もいません。

今を受け止め、考え方を変えることが大事です。
そうすることで、あなたはどんどん結婚に近づいていきます。

あまりこだわらず、現状を受け入れてみることから、婚活をはじめましょう!

今日もあなたは最高です!はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは婚活コンシェルジュ   TEL 03-3625-0032