「 出会い系 」が 東証マザーズ 上場!

7045e819aa257da2c03df4927bc51c2f_m

こんにちは、シバタニです。

 

8月13日、出会い系アプリの「Omiai」を運営する、

「ネットマーケティング」が、9月16日付で東証マザーズに新規上場することがわかりました。

今日は、この話題について、JPX(日本取引所グループ)で公開されている会社情報をもとに、お話ししたいと思います。

「ネットマーケティング」は、2004年7月創業のウェブ広告代理店としてスタート。

2012年から、フェイスブックを活用した「インターネット異性紹介事業」の恋愛マッチングサービス「Omiai」を開始しました。

連結決算の業績は、

2013年6月期→ 2014年6月期

売上 : 47億 → 66億

経常利益 : 4千4百万円 → 2億7千万円

純利益 : 4千9百万円 → 1億5千万円

 

さて、「Omiai」です。

フェイスブック上でアプリを許諾するだけで手軽に利用できますが、

許諾する際には、「Omiai」に下記の情報を受け取らせることに同意する必要があります。

「あなたの公開プロフィール」

「友達リスト」

「メールアドレス」

「交際ステータス」

「誕生日」

「居住地」

*不正ユーザーや悪質なユーザーを排除する目的で、友達が10人以下の人は利用できません。

 

フェイスブック友達に「Omiai]を利用していることを知られることはないこと、

カスタマーセンターによる24時間365日の投稿監視体制を構築していて、

自己紹介文など、ユーザーが自由に記述できる個所に関しては、事前に確認を行った上で掲載しており、

投稿監視とユーザーからの違反申告をもとに、厳正な対処をしているので、

安心安全に利用できるそうです。

 

 

「ネットマーケティング」社のメディア事業の柱は2本あって、

「Omiai」の企画・運営と、法人向けマッチングシステムの提供です。

その業績は、

売上 : 8億3千万円 (前年同期比153.1%増)

セグメント利益 : 1千百万円(前期1億6千2百万円のセグメント損失)

【主な収益】有料会員からの月額利用料とOmiaiポイントなどの料金。

なので、

「出会い系が上場!!」という衝撃的なニュースが走ったわりには、

ふたを開けてみると、主力はあくまでも広告の方で、

「Omiai」は上場に華を添えている、という感じですね。

。。。。

結論。

わたしは、真面目な出会いや、結婚相手を紹介するサービスとは、競合ではなく共存していきたいと思っています。

あなたが結婚できるなら、方法は、なんでもいいと思っています。

長々と書きましたが、参考になればと思います。

今日も、あなたにとって笑顔いっぱいの一日でありますように!

スクリーンショット 2015-07-30 22.12.49

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問合せはこちらから

婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com