淡水魚を海水に放すような異動

8e85a059ceefe1736a6bed03a765c81d_s

こんにちは、シバタニです。

あなたの職場は楽しいですか?つらいですか?

楽しいもつらいも人間関係。仕事でいちばん苦労するのは、人間関係だと思います。

昨日、長男となにげない会話をしていたときに、比喩がおもしろい人がいるんだよ、という話になり、

「今度の異動なんだけど、下手したら、淡水魚を海水に放すくらい水が違うかも。。」と言ったと。

ちょっと思いつかないような、的確な表現に舌を巻きました。

これは職場に限らず、結婚に例えることもできます。

極端な例では、

天皇家の美智子さま、雅子さま。。

一般社会でも、恋愛結婚はもとより、ネットで結婚相手をさがす場合に顔が好きかどうかで選んだりするので、釣り合う相手同士結婚するとは限りません、

ただ、あなたが淡水魚なら、海水魚の家のお相手を、お見合い相手に選ばないようにしたほうが、あとあとの苦労のリスクを少し減らせるかと思ったりします。

今日も、あなたにステキな出会いがありますように!

d64ec3e86139b55d0244dc02fe5d1598_m

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問合せはこちらから(ホームページリニューアル中)

 

 

 

 

 

「貴方の悩み解決します 即答」というビラ 

IMG_3690 copy copy

昨日、小雨降る錦糸町駅前に自転車を停めて、

用事をすませて自転車に戻ったら、こんなビラが。。

何でも相談

貴方の悩み解決します

即答

お電話お待ちしております。

070−0000−0000 鈴◯まで

 

これはなに!?

ダイレクト・レスポンス・マーケティングのリアルなやつか?

あまりのインパクトに、

公衆電話に100円玉1コ入れて電話してみた。

プルル、プルル、2コール。

柴「もしもし、鈴木さんですか?」

鈴「そ〜です」

錦糸町南口によくいる、酔っ払った感じで声がゆれてるおじさん。。

柴「どんなお悩みを解決してくれるんですか?」

鈴「あの〜、おカネに困ってる人にネ、おカネ貸してあげてるんです〜」

柴「おカネ以外のお悩みも即答してくれるんですか?」

鈴「あの〜、こちらで対応できることならね。なんでも聞きますよ〜」

柴「ウチの主人が飲食店やってて、ちっとも儲からないから、離婚して、後妻業やろうかと思って。あの、こないだ逮捕されたかけひさんみたいに。。」(口からでまかせ)

鈴「それはわかりませんね〜〜」

柴「おカネっていくら貸してくれるんですか?」

鈴「あの〜、はじめての人はね、わからないから1万円から貸すんですよ」

柴「利息はどのくらいなんですか?」

鈴「今日はね土曜日でしょ。今日1万円貸して、来週の土曜日に1万5千円返してもらうの」

柴「どうやって借りるんですか?」

鈴「◯糸町のマ◯イの前で待ち合わせするんですよ」

柴「ふーん。鈴◯さん貸金業の登録してるんですか?」

鈴「してますよ〜」

柴「何番ですか?」

ツーツーツー(電話を切ったのか、100円の通話時間が終わったのか不明)

 

結論:ヤミ金だった。

鈴◯さんが、「今日1万円貸して7日後に1万5千円返してもらう」と言ったので、利息を計算してみた。

年率2600%、、二千600パーセントです!!

利息の計算式は、

10,000円×2600%÷365日×7日=4986円

 

以上、現場からの報告でした!