「家、ついて行ってイイですか?」で思ったこと

2d3f3d51f8b240596a472ad8780aff29_m

テレビ東京の番組「家、ついて行ってイイですか?」見たことあります?

昨夜は第5弾の放送でした。

リアルに、

終電逃した人について行く、

秋葉原で声をかけた男性二人組についていく、

移動販売車に買い物にきたおばあちゃんについて行く、

という一般人頼みの番組構成です。

 

終電逃した人には「タクシー代」。

一緒に家までついていって、タクシー代を支払うんですが、金額は1700円〜5000円台でした。

移動販売車に買い物に来たおばあちゃんには「買い物代金」。1900円くらい。

声をかけた一般の人が必要としている金額を、オファーとして惜しみなく支払うんです。

そして、家のなかに入り込んで、冷蔵庫やら写真やら趣味の品やらくまなく見せてもらい、歌を歌わせ、水着に着替えて踊ってもらい、介護状態の家族を撮影し、、

しかも、MCとゲストがVTRを見ながらコメントする場所が、これまた、成り行きで引き受けてしまった一般人の家の居間!!

最後はあたたかなメッセージで締めくくり、視聴者をほっこりさせてくれます。。

 

わたしが注目したのは、番組スタッフのオファーの出し方です!

 

わたしも以前、某公共放送の番組ネタで取材されたことがあります。

そのとき、「上限はありますがタクシー代をお支払いします」と言われ、

(押上〜新宿で)(昼間)(タクシー代を請求してもらう)ってどうなの?と自問し、やんわり断りました。

すると、「記念品」として、

「携帯用世界時計」→つかわないので母へ。

「番組名のロゴ入り名刺入れ」→ありがたく使用中

「バレッタ」→髪はベリーショートなんですけど。。

をくれました。

一般人を取材する、あるいはお客様になっていただく、おつきあいする、などのときには、

相手の気持ちを考える

ということが重要だと、

番組をみてつくづく感じました。

 

 

 

あのひとがいたから。。

95c7f32bb009184368ea1251dc4fd617_m

こんにちは。シバタニです。

あなたにも経験ありますか?

あのひとがいたから、いまの自分がある

と想うこと。

ホントは、あのひとがいたから、というよりも、

あの人のあのことばがあったから、いまの自分がある

というべきでしょうか。


 

むかし、

三軒茶屋で、フランス語の「サンフロンティエール」という教室を主催していた、ダニエル内藤(旧姓)というフランス人の女性がいて、

彼女がわたしにとっての、あの人でした。

いつも南仏の太陽のような親しみやすい笑顔で、だれに対してもあたたかく親切でした。

ダニエルは、わたしの夫と出会わせてくれ、彼女の当時のご主人とともに仲人を務めてくれた人です。

ダニエルがいたから、わたしは結婚できたのです。

ダニエルは、20年ほど前にフランスに帰国してしまい、それ以来、音信不通です。

彼女に会いたいと思い続けて、もう20年も経ってしまいました。。


 

過去の恩師や、恩人は年月とともに遠い存在になりますが、

人生のステージが変わる時、あなたが求めれば、あらためて今まで会った人とは違うタイプの恩人が現れるように思います。

 

あなたが結婚したとき、背中を押してくれたのはだれですか?

これから結婚しようと思っているあなたは、背中を押してくれそうな人を、ぜひ見つけてくださいね!

今日もあなたにとって、最高の一日でありますように!

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_m

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問合せはこちらから(ホームページリニューアル中)