婚活に、小手先のテクニックはジャマ!

 

あなたは、メンタルな部分と外見を組み合わせた、

「ありのままの自分」が、どんな人なのか、自分自身で説明できますか?

メンタルな部分なら、

やさしい、親切、素直、マジメ、お人よし、いじわる、嫉妬深い、女々しい・・・

外見は、

イケてる、イケてない、かわいい、綺麗、ブサイク、スタイル抜群、デブ、長身、チビ・・・

「ありのままの自分でいいの!」

というと、

どちらかといえば、長所よりも短所に焦点をあて、

ダメな部分も含めた自己肯定感が伝わってきますね。

 

これが、恋愛であれば、

まず相手を好きになるところから始まりますから、

自分を多少犠牲にしても、とにかく相手と24時間繋がっていたい、ベッタリくっついていたい・・・

と燃えあがって、

相手の愛だけがあれば何もいらなくなるので、

周囲から見てダメ男ダメ女でも、

相手の家族と気が合わなくても、

お金を持っていなくても、

素性を知らなくても、

「ありのままのあなたでいい!」

と思うのは真実です。

 

振り返って、

恋愛をしたことがない、または、恋愛を成就させたことがない、

肌の綺麗さが自慢で、メイクをしないアラフォーのあなた、

Tシャツ、スウェットなどコンフォートスタイルが好きなあなた、

食事の後の歯磨きをしょっちゅう忘れるあなた、

飲んで帰宅して、そのまま寝てしまうのが平気なあなた、

タバコ、泥酔をやめられないあなた・・・

その、ありのままの姿や意識で、お見合いしようという気になれますか?

このままじゃ結婚できない、と思いながら、

結局、日々流されているうちに、

内面は20代と変わらないのに、

知らず知らずのうちに、鏡を見たくもないような外見に変貌してきている、

という状態ではありませんか・・・

 

 

孤独感たっぷりな「ありのままの自分」という言葉を捨てましょう。

幸せを引きつける「よりよく進化する自分」になりましょう!

よれよれでもお気に入りの服、いつ買ったか思い出せない高かった服、まだ着られる服・・を全部捨てましょう。

そして、自分を引き立てる色の、パリッとしたスーツ、ステキなワンピースなど、バッグ、靴も、大枚はたいて購入しましょう。

たったそれだけのことをするだけで、

意識はパーッと、見違えるようにフレッシュになります!

 

 

ここからが大事です!

あいさつ、マナー、立ち居振る舞い、メイク、ファッション、デートスポット選び・・・

とってつけたような小手先のテクニックを、押し付けてくるアドバイザーはたくさんいます。

でも、それを真に受けると、それまで生きてきた自分をすべて否定することに繋がるので、混乱してきます。

なにがなんだかわからないうちに、お見合い相手を紹介されても、あせって失敗するだけです。

自ら、リフレッシュした服装に、少し時間をかけて、内面をすり合わせていく作業が必要なんです。

結婚したら、長い時間をかけてパートナーとの絆を育んでいくことが、とてもとても大切なのです。

結婚願望が目覚めたら、あせりは禁物です!

2015-05-28 12.46.06

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

ネット上の婚活サービス!出会い系とどうちがうの?

仲人でレバレッジする『その2』

結婚相手を紹介するサービスの業者は、全国で3300社以上存在します。

その内75%以上が仲人や結婚相談型の個人事業主です。

ネットで結婚相手を紹介するサービスは、70年代に西ドイツ(当時)の「アルトマンシステム社」が日本に持ち込んだシステムが始まりです。

アルトマンシステムは、西ドイツの敗戦からの復興による経済成長と並行して起きた、離婚増と出生率低下という社会問題解決のために、国家主導で開発されました。(アルトマンシステム社は1995年に倒産しています)

「婚活サイト」を日本で初めて手がけたのは「ブライダルネット」といわれています。

「ブライダルネット」は2000年創業。2003年にヤフーの子会社になるものの、創業者の石坂茂氏が2006年に「IBJ」として独立し、2012年にジャスダック上場、という経緯があります。

2008年からはじまる婚活ブームの波に乗り、ツヴァイ、オーネットなど大手も市場に続々と参入しています。

「IBJ」は、パーティ運営、直営および加盟の結婚相談所の新規開拓が進み、現在も上昇傾向、業績は連続最高益を更新しています。

 

「婚活サイト」は「出会い系サイト」との違いは、

・男女どちらも「入会金」「月会費」「お見合い料」「成婚料」など、お金がかかること。

・本人確認書類の提示が必ず必要だという点です。

※「出会い系サイト」は、いまさら言うまでもなく、犯罪の温床ですが、「結婚情報サービス」という事業そのものも、特定商取引に関する法律の規制対象であり、国民生活センターに寄せられる苦情も年々増加傾向にありますので、業者選びはくれぐれも慎重に!

 

ここで、「婚活サイト」を使えば結婚できるのか、という疑問が湧いてきます。


 

「婚活サイト」と、「全国の仲人のプロを繋ぐシステム」を運営している老舗「IBJ」石坂茂社長によれば、

「登録されたデータを基に異性を紹介する仕組みだけでは、会員さん一人ひとりに丁寧に対応するのが難しいんです。深刻な悩みにも、メールでしか対応できない。思いつめてしまい、自殺まで考えた方もいらっしゃる・・・」

「全国にいる仲人のプロにシステムを提供して、会員同士の中を取り持ってもらう仕組みをつくったら、会員さん一人ひとりに丁寧に対応できるようになり、ネット専業のときよりはるかに、ゴールインするカップルが増えました・・」

(出典:2013/4月発行。日経ビジネスAssocie)


 

結婚を幸せと考える独身者の成婚率を少しでも上げるために、大手も個人も、法律を遵守して力を尽くしていきたいものです。

「婚活サイト」での活動に限界を感じたら、思い切って「仲人のプロ」に問い合わせてみてください。

煮詰まったら、いったん全てを手放して、環境を変えると、別人のように物事をサクサクと進められるようになることもあります。

2015-05-22 16.31.09

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問い合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

仲人(なこうど)でレバレッジを効かせる?『その1』

前回のブログで、

「仲人(なこうど)を使ってレバレッジを効かせる」

という、一見、意味不明なことを書きました。

このことについて、2回に分けて解説していきたいと思います。

 

今日はその1回目です。

「仲人」について考察していきます。

シバタニは、

「仲人」に、なぜフリガナをつけているのか?

と、疑問になる私と同年代の方は多いと思います。

答えはカンタン!

若い人が読めないからです。

 

過去の話になりますが、

私は「仲人業をはじめよう」と決心したとき、

男女の会員同士を組み合わせるために、サイトにアクセスして、結婚希望者のリストを見ることが必須の活動だと思い、

ネットで提携先を探しました。

何社か選んで資料請求をし、実際にアポをとって、先方の事務所で説明を受けたり・・

そんななか、「副業」というキーワードでググッた時に引っかかった、

「日本仲人協会」

の理念に共感して、加盟契約しました。

 

「日本仲人協会」と私の関わりについて、少し説明しますね。

私は月1回、新宿で開催される月例会に参加しています。

月例会には、必ず、大阪から上京する理事長と副理事長が出席し、刻々と変化する協会の最新情報を伝え、参加者との意見交換などをします。

それとは別に、この道31年の副理事長が主催する勉強会があります。

入会面談など、起こり得る様々なシチュエーションについて、ロールプレイングを通して、ひとりひとりの仲人にノウハウを伝授します。

また、定期的に、専任講師による実践的な「寺子屋」が開催されており、こちらでも無料でノウハウを学べます。

あるとき、「寺子屋」の講義の中で、「屋号の決め方」というテーマがあり、

「集客の際に、経験のない仲人は実績をきびしく追求される。”日本仲人協会⚪︎⚪︎支部”と名乗れば、仲人協会のデータを自信を持って説明できるでしょう」

と提案がありました。

私は、素直にその提案を受け入れ、

「日本仲人協会すみだ支部」と名乗ることにしました。

 

話を戻します。

若い人が、「仲人」の漢字を読めないと気づいた3つの場面があります。

1)大手都市銀行で法人口座を申込み、審査に通ったので、改めて口座開設のために来店した時のこと。

窓口担当の若い女性行員さんが、

「日本なかごう協会さま〜、日本なかごう協会さま〜」

と連呼しました。

私は(いくらなんでも、フリガナが振ってあるので読めるでしょう)と思い、

彼女が訂正するのを待っていましたが、訂正する気配がないので、おとなしく返事をしてカウンターに行き、

粛々と手続きを進めました。

手続きが終わって、帰る間際に、

「今後の参考のために、私の屋号を、はじめになんとお読みになったか、教えていただけますか?」

と聞きました。

すると、椅子の上で土下座せんばかりの勢いで謝罪して、

「にほんなかごうきょうかい」

と読んだことを教えてくれました。

2)郵便局の窓口の若い男性も読めませんでした。

3)書留を届けに来た、若い女性の郵便局員さんも「・・・・すみだ支部さん、でよろしいですか?」と、読めませんでした。

 

屋号がターゲットに読んでもらえない。。。

私自身も言いにくい。。。

これは致命的な問題だと気づきました!

私は、土下座せんばかりに、間違いを謝罪してくれた女性の行員さんに、心から感謝し、潔く屋号を変更しました。

新しい屋号は、メンターにつけていただきました!!

というわけで、

「仲人」になぜフリガナをつけているか、

というお話は終わります。

ちなみに、「日本仲人協会」の理事長は、毎朝6時〜7時ころに自前で撮影する6〜10分程度の動画ブログを配信しています。

私は朝礼だと思って、かかさず視聴しています。

今朝は、珍しく声に張りがなく、なぜかよれよれだったので不思議に思って見ていましたが、

大好きな錦織圭選手の試合を見ていて、試合終了後の午前2時すぎに、動画をアップしたとの驚きのコメント⁉︎

いつもは「haveアNICEDAY〜!」で締めくくるのに、

動画始まって以来の「おやすみなさい〜」で締めくくられました。

こちらはビックリして、目が覚めました‼︎

理事長、ありがとうございます^ ^

次回に続く・・・

2015-05-31 14.30.42 copy copy copy

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問い合わせはこちらから