お見合い結婚の相手は、好きになれない人が最高!

私が仲人(なこうど)業で会員を検索しているシステムには、日々、新規で登録があります。

会員には担当の仲人がついていますので、
申し込みたい会員が見つかったら、
システムをつかって、相手の仲人とお見合いの組み合わせをします。
さて、新着の会員さんを見てみましょう!
(あなたにはお見せできません。
ゴメンなさい(・ω・)ノ)
男性は…
写真、身長、年令、年収、どこに住んでる、会社経営…フムフム…
詳細を見てみましょう。
「資産は不動産あり。誠実でおもしろく…オシャレな飲食店経営!」
女性は…
写真、年令、どこに住んでる、
製菓衛生師…フムフム…
詳細を見てみましょう。
(写真は引きつった感じですが)
「笑顔がステキなかわいい女性。
何事も前向きに努力され…」
 
こんな調子で、どんどん検索して、
気になる会員をピックアップしていきます。
 
 
男性会員で、
「イケメン、大卒、公務員!」
とくれば、超オススメしたいランキング上位に入ります!
 
このような上位クラスの男性会員は、
当然のように、他の仲人たちも見逃すはずがないので、
申し込みが集中することになります。
 
男性会員のデータをアップしたとたん、
あれよというまに申し込みが10件!
とかザラにあります。
 
競争率が高いです!
 
申し込まれた会員のほうは、
自分の好みの女性に絞ってお見合いすることが多いのですが、
年下から年上まで全員に会うというツワモノもいます。
 
ただ、このツワモノの場合、
女性からの申し込みをさばききれず、
担当仲人の判断で
「年上の方、ご遠慮ください
という但書きがはいりました。
 
申込まれた全員に会う、という行為は、
本気で理想の女性を探しているという証でもありますが、
探しすぎて決められず、
なかなか会員を卒業できないジレンマに陥る危険もあります!
 
内緒の話…
絶え間なくお見合いの申し込みがきて、
かつ何年も決まらない男性会員は、
担当仲人にとって、
芸能事務所の看板俳優のようなものなので、実際、結婚を決めてほしくないのが本音です!
 
 
会員である限り、月会費を支払ってもらえるわけですし、
「こんな魅力的な会員もいます!」
と宣伝効果抜群ですもの。
 
ただ、女性は真逆です!
 
年令を重ねれば重ねるほど、
お見合いの組み合わせが難しくなるので、
女性会員は一刻も早く、
婚約して退会してほしいのです!
 
なのに、
 
「私は若く見えるってよく言われるから大丈夫!」
 
「(超高学歴なので)私と釣り合う学歴と年令の人が会員にいそうだから大丈夫!」
 
「キャリアを積んでがんばってきたの。
気づいたら30才すぎちゃって!
親もうるさいし、そろそろ結婚しなきゃ…」
こんな感じのアラフォーの女性が多いんです。
さらに、女性は年令を重ねるほど、
男性へのダメ出しが強くなる傾向があります(゜д゜;)
 
「ゴメンなさい。私には荷が重いので、入会はお断りします」
と言わせてください!
また、
お見合いで、甘~い恋は望めません!
という肝心なことを頭において婚活してほしいのです。
会員になる方はほとんど、
恋愛ベタの男性が多いので、
私のようなオバさんと話すときは
好青年という印象なので、
お見合いでも対応は大丈夫だろうと、
思ったとしても、
いざ、お見合い相手に対面したとたん
緊張のあまり、気の利いたことも言えないつまらない男に見えてしまうかもしれません。。
ひとこと言わせてください!
お見合い相手は、一目惚れするような、
好きなタイプを選ばないでください!
こんなことを書くと、
柴谷さん、
アタマがおかしいんじゃないですか、
と言われそうですが、
旦那さまにする人は、
自分がしつけやすい人がいい、
ということを覚えておいてほしいのです!
惚れてしまうと尽くしたくなるのが、
世の常です。
交際の段階から尽くして、
相手に主導権を握られると、
結婚生活で苦労します!
私がかつて主人と出会ったとき…
顔は好みではないし、
口ベタだし、
自信がなさそうな態度で、
キライなタイプでした
(ゴメンなさい>_<)
でも、結婚したら、
しあわせになりました!
夫にするなら、
自分がしつけられる人が最高です!
どちらかというと、
キライなタイプを選びましょう!
男性選びの秘訣はまたこんど!

婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com

なぜ恋愛結婚にこだわるの?

お見合いはわりと難なく組めるのに、

何回お見合いしても交際に踏み切らないひと、

交際中に、ちょっとしたことがきっかけで、すぐお断りする人がいます。

「ピンとこないんですよね~」

「話が盛り上がらなくて・・」

「○回会いましたけど、手もつなげないんですよ~」

さまざまな不満がでてきます。

ハッキリ言わせていただきます!

お見合いしながら恋愛を夢見ると、いつまでたっても結婚できません!

恥ずかしい話ですが、

私は若いころ、好奇心が旺盛で、さまざまなタイプの男性と恋愛しました。

同じ職場のひと、国鉄職員、社会人サークルで仲良くなったひと、

ミュージシャン、20歳以上も年上のおじさん・・

交際の仕方も、

ハイキングや映画に一緒に行くだけの人を皮きりに、

年上のおじさんとは、新宿の地下に出入りしたこともあり、

フランスでは黒人の大学生とベッドイン寸前まで行ったことがあり、

半同棲していたミュージシャンには、頭からビールをかけられたこともあり。。

とくにそのころの私は、顔やセンスや職業を含めてカッコイイ人が好きで、

ダサいと思ったら近寄りませんでした、

六本木や新宿の繁華街に行くと、「ディスコ」の無料券を配っていたので、

女友達と一緒に、六本木や新宿で一晩中、しかもしょっちゅう遊んでいた時期もあります。

本気の恋愛をすると、感情がドロドロしてきます。

相手を楽しませようとして自分を見失ったり、

自分の全身全霊をかけて、束縛したりされたり・・

一方、父のすすめで何度もお見合いも経験しています。

結果的には、知人の仲介で主人と結婚してしあわせになりましたヾ(@°▽°@)ノ

今年銀婚式を迎えます!

柴谷さん、そんなひとだったんですか?

と言われてもしかたありませんが、

恋愛、お見合い、トータルで経験豊富な私だからこそ、

アドバイスできることがあります!

お見合いで結婚しようと思うなら、相手を好きにならないでください!!

そのココロは、またお伝えします!

婚活コンシェルジュhttp://www.konkatu-concierge.com

 

 

アラフォーの息子を結婚させる3つのポイント!

ズバリ!

お母さんがやるしかありません。

毎日マジメに会社勤めをして、
家に連れてくるのは男友だちばかり。
飲みに行くのは会社の同僚か上司。
ヒマさえあればスマホでゲーム。

墨田区のお祭りでも、
町会に参加して御神輿を担いでほしいのにやらない。
気がついたら年令は39才、
でも頭の中は20代のまま。。
どうしたらよいか。
3つのポイントをお話ししますね。
1.お母さんが家を出て、3ヶ月間一人住まいをする
 
柴谷さん、なに言ってるの?
そんなことできるはずないじゃない!
そこがミソです。
これまでの居心地のいい生活は、
お母さん、あなたがつくってきたんです。
あなたの日々の努力と愛情のおかげで、
旦那さまも息子さんも安心して暮らしてこられたんです。
その生活を支える大事な大事なお母さんが
家から出て行ったら、
息子さんばかりでなく、
旦那さまも困ります。
奥さまのありがたさを骨身にしみて感じるのです。
実は、
 
私は今年の2月~4月までの3ヶ月間、
 
家を出て一人住まいをしていました!
 
私の場合、
家に夫、20代の息子2人、大学生の娘、私の母を残して出たので、
母が夕飯だけはつくってくれていましたが、
たまに、物を取りに家に帰ると、
洗濯物は山のようにため放題、
シンクに食べっぱなしの食器…
片づいているのは母の部屋だけで、
徐々に、家はゴミ屋敷化していきましたが、
知らんぷりして自分の仮住まいに帰りました。
私は3ヶ月後に帰宅してから、
家の中をプルドーザーのように片づけ、
また居心地のいい生活に戻しました。
その結果どうなったか?
自分の意見が、より通りやすくなりました!
さて、
「息子さんを一人暮らしさせたほうがいいわよ」
とアドバイスされることは多いかもしれません。
でも、できるはずがないんです!
私も長男に、
社会人なんだから一人暮らしするように、
と仕向けたことが何度もありますが、
出て行きません!
ムリです!
「だったら、お母さんが家を出る!」
と宣言して実行したら、
家族の意識がまるで変わりました!
息子さんを絶対に結婚させたいなら、お母さんが覚悟をみせることも、一つの手です!
2.知り合いに声をかける
息子さんが、
自然にお相手に巡り合う可能性にかける時期は、
終わりました!
お母さんお父さんが、あらゆる人脈を頼って、
あらゆる人に、
息子が結婚せず困っていること、
「イイひと」がいたら紹介してほしいと
伝えることです!
人脈がないしあまり近所だと気まずい、
ということなら、
少し離れたところで、習い事やボランティアなどに参加してみるなど、
いつもと違う行動をして、
あらたな人と知り合うことも、
紹介のきっかけになるでしょう。
大切なことは、
いつも笑顔で人と接し、親切を心がけること。
「あの人の息子さんなら、ぜひ紹介してあげたいわ」
と言われるように、がんばってくださいね!
3.仲人業をやっている人に頼む
昔は、近所のお世話好きな人に、
親が本人に内緒で縁談を頼みに行ったものです。
かくいう私も、
親の勧めでなんどもお見合いしました。
当日まで、写真すら見せてもらえなかったこともあります。
でも今は、いくら親の意向でも、
本人にその気がないのに、
労力をつかってお世話しても、
まとまるはずがないですし、
お世話したばっかりに、気まずい関係になりこともありますので、
いつしかお世話好きな人も、
見かけなくなりました。
その点、プロに頼むとそういう心配は全くないので、
合わないなと思ったら、さっさと断る気安さがあります。
お母さんのお知り合いや、
趣味で仲人業をやってる方に頼むと、
失礼にならないお礼の金額がハッキリせず困ることがあるので、
謝礼が明瞭な仲人さんに頼めば安心です。
お相手選びについても、
冷静にピッタリのマッチングを考えて、
多くの会員の中から、候補者を推薦してくれます。
あとは、
息子さんの目につくところに、
写真つきの紹介書を裏返して置いておく。
根気よく、
今週はA子さん、次週はB美さん、
その次はC恵さん…
お母さん、ワクワクしませんか?
いずれ、息子さんは興味を示します。
「これなに?」
「どこのひと?」
– キレイなひとでしょう?…
時間がかかっても、
息子さんは必ず興味を示す時が来ます!
その時がスタートです!
婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com

「39才の長男が、なかなか結婚してくれず困っています!」という相談

<息子2人のうち、次男はとっくに結婚して子どももいるのに、

長男はいつまでも家に同居して、結婚する気配がありません。

町会の人からも、

「息子さん、まだ結婚しないの?」

と言われ、

「本人にその気がないものですから・・・」

と答えるしかなく、打つ手がなく困っています。

町会のなかでは、なにかにつけ陰で話題になっている気がしてしかたありません。

昔は、近所に世話好きな人がいて、縁談を持ってまわっていたものですが、

すっかりいなくなりました。

今は、個人情報ナンチャラとか、

「都議会で問題になったセクハラやじ」の影響なのか、

「息子にその気がないので・・」

と言っただけで、話がとまります。

近所に息子の結婚相手の相談をできるような人はいません。

もしお願いして、紹介された人を断ったら、

友人関係や、それまでの人間関係を壊すもとになります。

新聞やチラシで「親の婚活セミナー」の広告をみると、

行ってみようかとも思いますが、

催眠商法まがいに、契約しなければ帰れない状態に追い込まれて、

帰って息子に怒られるのもイヤだし、

どうしたらよいかわからずに悶々としています。

そのうち、息子自身で結婚相談所に行ってくれれば、

と思いますが、

おカネばかりとられて、なかなか結婚が決まらず、

結局、私と理解しあえそうもない変な女のひとをつれてきたらどうしよう、と、

心配になります。

息子は39才です!

私の悩み、解決できますか?>

つづく。

 

婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com

結婚できないのは字画のせい⁉︎

なかなか結婚できずに悩んでいる方は、ホントに多いですね~(゜д゜;)

私が住んでいる墨田区の20~49歳までの未婚率は、

男性50%、女性43%にも上ります。

ほぼ半分です(=◇=;)

これを知って安心してしまう人も、なかにはいるとは思いますが、

現実は深刻です。

悩んで悩んで、占いに走ってしまった方が、

結婚できないのは名前の字画のせいだと言われたというのです\(゜□゜)/

「だから何?」と言わずに、

ドーンと落ち込んでしまった彼女に同情の余地はありますが、

そもそも占いで運命がわかるはずがないと思うのです。

私の知人に鑑定をしている人がいます。

彼女は「紫微斗数、九星気学、数秘術、姓名鑑定、奇問遁甲、手相、タロットカード、

インナーチャイルドカード」を駆使して占う人で、

(※すみません。半分くらい読めません。。)

私も占ってもらった、

というより仮吉方のやり方と効果について聞きにいきましたが、

結局、自分に都合のよいことだけをピックアップしてきただけです(・ω・)/

世の中を見渡すと、このほかにも、

四柱推命 六星占術 宿曜占星術 算命学 動物占い・・・などなど存在し、

さらに、私も興味をもっている「九星気学」ひとつとっても、

流派がさまざまにあり、

古い鑑定の仕方とか、占い師自らの研究と統計学であたらしく開発した気学とか、

お水取りとか、日盤月盤年盤…

はたまた凶なのか吉なのか、

鑑定士さんによって言うことが違っていることはザラにあります。

また、ネットなどで見かけた占いの結果が過激過ぎて、疑問を持つこともあります。

「印鑑を変えなくても事業は倒産しないのでは?」

「壺を買わなくてもお母さんは死なないのでは?」

「字画が悪いから結婚できない、って、

あなたと同じ字画の人は全員独身でしょうか?」


結婚したら運気があがる字画の方を調べて、お世話することもできます!

私にご相談くださいw

と言いたいところですが、それで解決するとは思えません。

フ~ッと息を吐いて、落ち着いて、

冷静な考えを取り戻していただきたいです(=⌒▽⌒=)

結婚にあせりすぎて自分を見失いそうになったら、

いつでもご連絡くださいね。

婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com

 

プロフィール写真は「奇跡の1枚」?

今回は、プロフィール写真がもっとも大切だというお話です!

とくに男性は、女性のプロフィールのどこを見るかというと、

ズバリ!写真と年令ですΣ(゚д゚;)

勇気をふるって結婚相談所に登録しても、

「お見合い写真」は、ありのままの自分でいいと思っている人、いますよねヽ(*’0’*)ツ

「私は若いからお肌がピチピチ・・・」

「私は実年齢よりも若くみられるの~。いつも美容院で、おキレイですねといわれるの!」

もしくは、

「わざわざ、高いお金を払って写真を撮るひつようあるの?」

「めんどくさい・・・」

そんな方は、

ビギナーズラック、といいましょうか、

新入会のうちは申し込みがあることもありますが、

だんだんと減り・・・

逆に、自分の申し込みを受けてもらえないことが多くなってくることを、

わかってほしいと思いますヽ(;´ω`)ノ

女性は、男性を写真、年令、身長、年収などの条件で、

プロフィールをみて厳しく選んでいますが、

女性も同じように、

男性から選ばれているんだ、ということに気づいてほしいと思います(;^_^A

会員データを検索すると、

カジュアルなトレーナー姿で映っていたり、

よれよれのTシャツにカーディガン、

暗い部屋や、屋外で写した、影が多いスナップ写真、

また、結構多いのは証明写真。。

どれも、その方の印象を下げる写真ですね~(^_^;)

最近は、スタジオつきのサロンや、

ヘアメイクつきの写真館もありますので、

おカネをケチらず、

プロのヘアメイクさんやカメラマンにアドバイスしてもらいながら、

「奇跡の一枚」を撮ることをおススメします(=⌒▽⌒=)

撮影の際は、より多くの人とお見合いが組めるように、

自分の魅力を引き立てる上品な服を着てくださいね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ヘアメイクさんは、プロの技術で、欠点はうまくかくし、

ステキな表情が自然にできるようなメイクをしてくれます(*^.^*)

ちなみに私の写真を見比べてみてください!

こんなに印象がかわるんです(@_@)

あなたの不安を少しでもやわらげることができるように、

ファッションアドバイスや、お買い物同行、

撮影スタジオへご案内することもできます!
婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com

結婚パワーはビジネスを成長させる!

私の夫は、

40年近くフランス料理の世界で働いています。
そのおかげで、
私は結婚してから、
フランス料理のシェフやパティシエとの関わりが深かったので、
早朝から深夜まで働き、出会いのない彼らに、
結婚して幸せになってほしい一心で、
会社の同僚の女子を紹介したり、
合コンをしたり、婚活のお手伝いをしていました。
その結果、結婚に至ったカップルのなかには、
独立してステキなレストランを開店させた人、
念願のケーキ屋さんをオープンさせた人、
それから、六本木のフランス料理店の
シェフに昇格した人もいます。
結婚して支えてくれるパートナーを得たことをきっかけに、
みんな、大きく飛躍しています!
結婚のパワーは、
独身のときには考えられないほど、
ビジネスを成長させることができるのです!

婚活コンシェルジュ http://www.konkatu-concierge.com

わたしのお見合い経験

私がはじめてお見合いしたのは20才のころだったと思います。

当時、東京で働きながら、同じ職場の男性、社会人サークルの人など、

おつきあいしている男性はいましたし、まだ若かったので、

結婚について、とくに考えていませんでしたが、

故郷に住む父が「お見合いしろ。相手は東京に行かせるから」

と一方的にいうので、しかたなく、好奇心半分で会うことにしました。

見ず知らずの男性に、ひとりで会うのは嫌だったので妹をつれていき、

待ち合わせ場所を遠くの物陰から偵察して、

送られてきた写真の人を探し当て、会う前からガッカリしていました。

その日は、3人で遊園地で遊び、解散しました。

父にお断りの電話をすると、

「財産のある農家の息子なのに・・」と言って、怒っていました。

数年後、仕事を退職してフランス遊学をして福島の実家に戻ると、

早速、父の周辺の世話好きな人たちが、次々とお見合い話を持ってきました。

若いサラリーマン、小さなレストランの跡継ぎ、農家の息子・・

事前にほとんど写真も見せてもらえず、相手がその気なのかどうかもわからないまま、

実家のそばに嫁いでほしいという父に言われるがままに会いました。

東京とフランスでさまざまな男性を見てきた私には、

お見合い相手にピンとくるものを全く感じず、

同時に仕事も見つからなかったので、

父の損得で自分の結婚を決められることに反発して家を飛び出し、

また上京しました。

結果的に、私はお見合いで結婚はできませんでした。

私の父と母はお見合い結婚です。

母は若いころキレイでした。

父もそれなりに整った顔立ちだったこともあったためと思われますが、

ふたりは会うとすぐに結婚を決めたそうです。

私の育った30年ほど前、親戚一族の間では、血縁結婚も含めて、

お見合いで結婚することが一般的だったようです。

墨田区で結婚相手を探すお手伝いをしています。

お問合せはこちらから