「ルシャンドピエール」から「トライア-ル」へ

2人の子どもを保育園、

3番目の乳飲み子の娘は近所の保育ママさんに預け、

当時住んでいた川崎から、池尻大橋の「ルシャンドピエール」まで、

毎日クルマで往復しました。

主人は朝から深夜まで週6日出勤なので、

毎日がてんてこ舞いの忙しさ!!

若かったからできたと思いきや、

私自身、偏頭痛の持病があり、

しょっちゅう倒れては、

鎌倉に住んでいた母が仕事を休んで駆け付けてくれる、

という状況でした。

「ルシャンドピエール」は創業10年目にして閉店。

主人は、ある料理研究家の方の紹介で、

墨田区の「トライアール」のシェフ就任が決まり、

私たちは一家で葛飾区へ引っ越しをすることになります。

つづく。

墨田区で結婚相手を探す方のお手伝いをしています。
お問合せはこちらから